スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凛が土手にドテッと突っ込んだ。

  • 2007/04/14(土) 23:59:59

凛と二人でフェスティカにて練習。
走行準備をして、凛のカートのアクセルヘルパー取付けを手伝って、凛をコースに送り出す。
さて、自分も走ろうかなとメットをかぶってグローブをしたが、、、
今、凛がトラブったりクラッシュしたら助けにいけるのは自分だけしかいないな、、、
メットを脱ぎコースを見る。
凛が安定して走っている、、、安定して、、、んのぁ!!

最終コーナー出口でアウトに突っ込む凛。
予想を裏切らない奴だ。
グラベルの土手を登って降りてホームストレートライン上に停止。
一瞬青ざめる自分。
黄旗を持ってダッシュ!
凛が「動いた」ので自分は後続車にアピール!
ってか、ドライバーが黄旗に驚いてコントロール不可になったら自分に突っ込んでくるじゃん!って位置に立ってる!?
こわっ!
(コース内に立つ場合は立ち位置に気をつけましょう。)
スタッフの柳田さんが凛に駆け寄り凛が乗っていたカートを自分と一緒に持ち上げ、ピットロードまで運ぶ。
息を切らしながら凛の軽いカートで良かったとやっと自分の身を案じたころ。
隣でなぜか飛び跳ねている凛。
おまえはなんでそんなに元気なのか。
○「大丈夫?」
凛「うん!びっくりした!」
・・・。おまえはアラレちゃんか。

そんな矢先、遅れて登場するヒーローよろしく師匠登場。
師「大丈夫?」
凛「大丈夫です。」
師「いや、カートが。」
・・・。上には上がいるなと思った。

まぁ、無事でよかったよ。
ホント。カート無事でよかったね!(泣きながら

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。