スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨折の治癒に関して。

  • 2007/07/14(土) 00:33:35

骨折に関して
調べてみました。

http://www4.ocn.ne.jp/~saiwing/otseikei3.html

骨折治癒の過程は上記のようになっているようです。
ポッキリ折れた場合、ギブス等でしっかりと固定して治療するため肉芽形成期から二次性骨性仮骨形成期までの間に骨折部の動きが制限されるため、治癒が進行しやすいのだそうです。
ヒビの場合はギブスを使わずに骨折部に無理がかかる(骨折部が可動する)のでそのたびに形成されかけた仮骨が損傷を受け、治癒に時間がかかるものだと思われます。

つまり、ぽっきりだろうが、ヒビだろうが、しっかりと固定されているかどうかが治癒の早さを決める要因になるんですね。へー。
肋骨の場合、ギブスをすることが出来ないので骨折部の動きの少ないヒビのほうが早く治癒する可能性が高いと考えられますね。

この理屈から行くと、骨折時はとにかく「骨折部を動かさない」つまり、安静が最も早い回復に繋がることになります。
ギブスの出来ない肋骨の場合、痛いと感じる動きをしないことが最も良い治療方法になります。
咳、くしゃみ、大声で笑うこと、体をひねることやカートに乗ることは最も治癒を遅らせる要因になると思われます。
確かに、病院でも「痛いと感じることはしないこと」と言われましたし、咳くしゃみが出る場合はそれを止める薬が処方されますね。
コースで私を見かけても目の前で変な顔をして笑わせようとかしないようによろしくお願いいたします。

栄養素としては「蛋白、Ca、ビタミンD、ビタミンC」を摂ることがより早い回復に繋がるようですね。

ちなみに、前回、アバラのリヤレフト側にヒビが入ったのですが、治癒期間は6週間でした。
3週間経った頃、我慢が出来なくてカートに乗って痛い思いをしちゃったのが治癒に時間がかかった要因と考えられます。orz


もう少し詳しい治癒過程の書いてある医学書が欲しくなったりするあたり、やっぱ自分、完全理系だわ。
この治癒過程以外にも色々あるようです。
ポッキリとヒビに関しては
http://www.swc.ac.jp/~food/HHL_Q&A2005_Vol.1.html
に書いてあったのですが、
http://r134super.blog88.fc2.com/blog-entry-8.html
によると一次性骨折治癒と二次性骨折治癒とがあるらしく、その違いによって治療期間に差が出るのかも知れません。
ちょっとまだ自信がないのでもう少し調べて見ることにします。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。